旅行先として中国という選択

とにかく歴史的遺物が多い

中国の歴史的な遺物というものは、非常に雄大なものが多いです。例えば、万里の長城なんかは世界最長の建造物であり、これを超えるものはまず間違いなく、今後出てくることはないです。そもそも作る必要がないからです。万里の長城は作る必要があったから、作ったものです。中国の歴史は北方の騎馬民族との闘争の歴史といってもよいくらいです。その侵攻を防ぐために全長8000キロメートルを超える城壁を作ったのです。これは是非とも見るべきです。ちなみにどの位置で見るのか、ということによって、他のスケジュールが変わってきますから、注意です。

長城はやはり見るべきです

万里理の長城は中国旅行に行くのであれば、見たほうがよいものであると断言できます。ちなみに当然のことではありますが、一気に8000キロメートルも作ったわけではなく、増改築を繰り返して、徐々に延ばしていったものです。昔はそこまで長いわけではなかったのです。ちなみに確認されているだけでも原型となる城壁は紀元前九世紀頃にはあったとされています。それほど歴史がある城壁なのです。また、比較的新しいものではありますが、紫禁城なんかもお勧めできます。清朝の皇帝が住んでいたところであり、今は一般に公開されています。こうしたところが見られるところに中国観光の価値があります。世界最大の国の皇帝の住んでいたところが見られるのです。一生に一度は見たほうがよいものです。